「ドーム中里きらら」6月の定期投影

更新日:平成30年5月28日

6月中旬午後9時頃の星空

 6月21日は夏至で、1年で最も昼間が長く、夜の短い日です。日本の多くの地域は梅雨のため雨の日が多く、星の見られない夜が続きます。

 天頂近くにうしかい座のアークトゥールスが輝きます。麦星とも呼ばれ、麦の収穫期を教えてくれます。北斗七星、アークトゥールス、おとめ座のスピカを結ぶ春の大曲線が天頂を通って夜空を大きく横切ります。しし座は西へと低くなり、春の星座たちはそろそろ見納めとなります。

 南の空には、さそり座が顔を出し、赤い1等星アンタレスを含むS字が地平線近くに見えます。東には、こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブを結ぶ夏の大三角が昇ってきました。

「ドーム中里きらら」6月の定期投影の詳細
分野

文化・芸術,生涯学習・図書館,自然・環境

日程 2018年06月03日,2018年06月10日,2018年06月17日,2018年06月24日

投影時間 午前11時から11時45分まで

会場 ショッピングセンターユーモール

〒949-8406 新潟県十日町市山崎己1415番地 ショッピングセンターユーモール内

電話:025-763-2414

ファックス:025-763-4437

対象者

どなたでもご覧いただけます

料金

 

料金表
  中学生以下 高校生以上
定期投影 100円 200円
特別投影

2,000円

 

定員

定員あり(先着順)

34名

内容

5月の番組

  1. 今夜の星空
  2. 地球の大きさを最初に測った人〜エラトステネス物語〜

(あらすじ)

 今から600年程前、マゼランが船で地球を1周して、地球が丸いことを証明しました。

 しかしながら、地球が丸いことを知っていた人は、今から約2200年前のエジプトのエラトステネスです。かなり正確に地球の大きさを測ったそうです。コンピュータも自動車もなかった遠い昔なのに、どうしてそんなことができたのでしょうか。

その他

地球の大きさを最初に測った人

申し込み

申込不要

問い合わせ先 教育委員会 文化スポーツ部 中里公民館

所在地:〒949-8401 新潟県十日町市上山己2133番地(中里庁舎2階)
直通電話番号:025-763-2493
ファックス番号:025-763-4560

メールでのお問い合わせはこちら