農地の貸借・所有権移転について(農地法第3条)

更新日:令和元年9月3日

 農地を耕作目的で借りる賃借権の設定、無償で農地の貸し借りをする使用貸借権の設定、もしくは所有権移転(農地の売買・贈与・交換)をする場合は、農地法第3条の許可を受ける必要があります。

許可要件について

農地法第3条申請の許可要件

  1. 農地のすべてを効率的に利用して耕作の事業を行う
  2. 経営面積の合計が原則10アール以上であること
  3. 個人の場合は農作業に常時従事しること(常時従事とは、農作業従事日数が年間150日以上とされています。)
  4. 法人の場合は農業生産法人であること
  5. 周辺の農地利用に悪影響を与えないこと

 許可が不要な場合(主なもの) 

  1. 農業経営基盤強化促進法の農地利用集積計画による場合
  2. 農事調停による場合
  3. 相続、遺産の分割による場合

申請から許可までの事務の流れ

申請から許可までの事務の流れについては、下記をご確認ください。

申請から許可までの事務の流れ(WORD:32KB)

申請様式について

農業委員会各種申請書

この記事に関するお問い合わせ先
農業委員会 農業委員会事務局 農地係

所在地:〒949-8401 新潟県十日町市上山己2133番地(中里庁舎1階)
直通電話番号:025-763-2515

メールでのお問い合わせはこちら