絶景!日本三大峡谷清津峡と縄文文化をめぐる旅

更新日:令和2年10月1日

信濃川火焔街道連携協議会日帰りバスツアーのご案内

「火焔型土器」に代表される“縄文”をキーワードに、信濃川流域の市町村が交流・連携をはかり、地域振興や広域観光を推進する信濃川火焔街道連携協議会では、日本遺産認定ストーリー“「なんだ、コレは!」信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化”を体感できる日帰りバスツアーを実施します。

ツアーのポイント

・「大地の芸術祭」の作品としてリニューアルした「清津峡渓谷トンネル」は必見!
・令和2年6月オープン!国宝・火焔型土器が見られる「十日町市博物館」を見学。専門員による説明付
「笹山遺跡」では専門員による国宝・火焔型土器発掘についての説明付
・食事は、十日町市のへぎそばをご賞味いただきます。
・信濃川沿いを走るローカル線JR飯山線観光列車「おいこっと」乗車(津南駅~十日町駅間)

マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」

【募集チラシ】絶景!日本三大峡谷清津峡と縄文文化を巡る旅(PDF)(PDF:1,005.2KB)

旅行日程

令和2年11月21日(土曜日)

旅行代金

4,550円(大人・子ども同料金)
※旅行代金7,000円からGo To トラベル割引を適用

募集人数

各コース15名 ※最少催行人数各コース10名

募集締切

令和2年11月10日(火曜日) ※定員に達し次第締め切り

出発場所

1、新潟駅・燕三条駅発着コース
2、長岡駅・十日町駅発着コース

添乗員

全行程同行します。

申込・お問合せ

電話またはファックスでお申込みください。

共立観光株式会社 十日町支店
電話 025-752-4128/ファックス 025-752-5451
(平日 午前10時~午後5時/土日祝日 休業)

 

十日町市博物館

JR飯山線観光列車「おいこっと」(提供:JR東日本)

行程表・申込書など、ツアーの詳細については募集チラシ(PDF)をご確認ください。

【募集チラシ】絶景!日本三大峡谷清津峡と縄文文化を巡る旅(PDF:1,005.2KB)

 

<新型コロナウイルス感染拡大予防についてのお願い>

1、お客様の体調管理のために、乗車前に非接触型体温計による検温のご協力をお願いいたします。発熱(37.5度以上)や感染の疑いのある症状を呈しているお客様には、乗車をご遠慮いただく場合があります。
2、車両(列車及びバス)の出入口にアルコールによる消毒液を設置しておりますので、乗車時は手指の消毒にご協力ください。
3、ご旅行参加者は各自マスクをご持参ください。また、ツアー参加時のマスクの着用をお願いいたします。
4、ツアー中は咳エチケットの励行及び大きな声での会話のお控え等のご協力をお願いいたします。

関連リンク(PC)

「なんだ、コレは!」信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化(信濃川火焔街道連携協議会ホームページ)

Go To トラベル公式ホームページ

新しい旅のエチケットと新しい旅のルール(PDF・動画)

この記事に関するお問い合わせ先
産業観光部 観光交流課 観光企画係

所在地:〒948-0079 新潟県十日町市旭町251番地17(十日町市総合観光案内所内)
直通電話番号:025-757-3100
ファックス番号:025-757-2285

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。