十日町市の温泉郷

更新日:平成28年2月15日

静かな山里にわき出る自然の恵み「温泉」

 十日町市には日本三大薬湯の松之山温泉郷や清津峡温泉郷、十日町温泉郷のほか、芝峠温泉や千手温泉など効能豊かな温泉が数多くあります。

また、温泉がわいている場所によって泉質も異なり、変化に富んだお湯を楽しめます。山あいの静かなたたずまいと、出湯のけむり。旅のひと時、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

(写真)まつだい芝峠温泉の写真です

(写真)まつだい芝峠温泉の写真です

松之山温泉郷

新潟と長野の県境にたたずむ雪深い山あいの温泉郷です。

今から約700年前、1羽の鷹が毎年同じ場所に舞い降りるのを木こりが見つけ、不思議に思い探ったところ、そこにこんこんとわく熱泉を発見したという伝説が残っています。

また、室町時代、越後守護上杉家の隠し湯であったという説もあり、その効能は古くから知られています。戦後の一時期塩を採ったというほど塩分が強いため、冬でも湯冷めしません。

このため、越後三名湯の一つに数えられ、薬効の強さから日本三大薬湯の湯と呼ばれています。

(写真)松之山温泉郷の写真です

(写真)松之山の温泉の写真です

十日町温泉郷

山間を縫う羽根川沿いに、1軒宿が点在する温泉郷は、江戸中期から湯治場として知られ、採れたての山菜と川魚とでもてなす、人情豊かな温泉地です。無色透明の温泉は、心と体を休ませてくれます。

また、十日町温泉郷以外にも、少し離れた場所に下条温泉や明石の湯などといった施設があります。

(写真)十日町温泉郷入口の写真です

(写真)十日町にある明石の湯の写真です

清津峡温泉郷

清津川の渓谷にひっそりとたたずむ温泉郷です。
清津峡小出温泉は、道路事情が悪かったため、大正時代になって知られるようになりました。
清津峡温泉は弘法大師がわき出させたとの言い伝えがあります。

(写真)清津峡温泉郷内の施設の写真です

(写真)清津峡付近にある温泉の写真です

この記事に関するお問い合わせ先
産業観光部 観光交流課 観光企画係

所在地:〒948-0079 新潟県十日町市旭町251番地17(十日町市総合観光案内所内)
直通電話番号:025-757-3100
ファックス番号:025-757-2285

メールでのお問い合わせはこちら