中越大震災十日町市記録集のご案内

更新日:平成28年2月15日

中越大震災十日町市記録集「あしたへ」~語り継ぐ10・23 未来へのメッセージ ~

中越大震災十日町市記録集「あしたへ」を発刊しました。多くの市民の皆さんから寄せられた体験談や写真とともに、市民編集委員会と庁内編集委員会を経て取材した先は60以上。かかわった個人や団体は180にのぼります。大震災発生から3年たった今、伝えたいことや、空前の大災害のつめあと、復旧・復興の足どりを検証し、次代に語り継ぐメッセージを込めた市民の記録です。 

「あしたへ」チラシの画像

内容構成

プロローグ 市民が語り継ぐ10.23

第一章 突然の激震 中越大震災を検証する

被災エリア全体の被害状況/十日町市の被害/なぜ新潟に地震が起きるのか

第二章 地震発生から3日間

行政・消防・医療・ライフラインはどう動いたか/寸断された情報とライフライン/災害対策本部の動き/消防団の活躍 /医療の現場はどう対応したか

第三章 地域の習慣を生かす

地域のきずなが力に/災害時要援護者はどう過ごしたか/被災地同士の助け合い/道の駅が果たした役割/住み慣れた土地を離れて/山の景色が変わった/無くなったむら

第四章 避難生活の「衣・食・住」

避難生活の「衣・食・住」/医療・福祉チームの活躍/自衛隊の災害支援活動/防犯パトロール/温泉の開放/どんな情報が欲しかったか/報道はどう動いたか

第五章 混乱から復旧へ 見えてきた課題

救援物資をめぐって/ボランティアの活躍と課題/ごみ問題/ライフラインの復旧/交通基盤の復旧/住宅・建物の復旧

第六章 復興へのターニングポイント

何がターニングポイントだったのか/仮設住宅への入居/風評被害を乗り越える/農地への影響/心の復興へ

第七章 3年たったとおかまち

この3年を振り返って/災害に強いまちづくりへ/雪国の防災/情報ネットワークの整備/産業への影響と経済復興/被災庁舎の再建/歴史資料の保護/激震ふたたび

第八章 語り継ぐこと

市民による「体験ひとことメッセージ」/10・23を未来につなごう/子どもたちの声/自然の不思議な現象/この震災で問われたこと

第九章 資料編:データで見る復興の軌跡

中越大震災の概況/災害対策本部の対応/消防本部の初動対応/救援物資/各種支援/ライフライン/ごみ処理/ボランティアセンター/学校再開/医療活動/応急仮設住宅/災害復旧事業費/新潟県中越沖地震/家屋被害認定調査/義援金の配分/支援制度/震災復興計画の概要/地域防災計画の概要/指定避難所/備えのちえちゃん

エピローグ 10.23を未来につなごう

付録

  1. わが家の防災ノート「避難のちえちゃん」
    ~災害から3日間をどう過ごすか~
  2. 十日町市 集落・町内MAP
    ~集落・町内名を登載した便利地図~
  • 体裁  A4版160ページ カラー(1部2色)印刷
  • 価格  1,000円
  • 発行者 新潟県十日町市
  • 発行  平成19年12月

好評発売中! 

当時の写真の画像

当時の写真の画像

復興記念イベントの画像

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 企画政策課 広報広聴係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-3112
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら