改元に伴う文書の取扱い等について

更新日:平成31年4月23日

市から発送する文書については、従来から原則として元号を使用しています。

 「元号を定める政令」の施行により、5月1日からは新元号となる予定です。改元に伴う文書の取扱い等については次のとおりとします。

新元号の使用

4月30日までに市から発行する文書については、「平成」と表記されていますが、5月1日以降に発行する文書は、原則として新元号を使用します。

ただし、文書作成スケジュールの都合上、「平成」と表記されている場合があります。

この場合、改元後でも有効なものとして取り扱いますので、5月1日以降は新元号に読み替えていただくようお願いします。

年度表示の取り扱い

証明書や納税通知書など、「平成31年度」で表示されているものは、今年度(平成31年4月1日から平成32年3月31日まで)が終わるまでの間、「平成31年度」と表示しますのでご了承ください。なお、改元後も有効なものとして取り扱います。

市に提出する文書等

住民の皆様が提出する届出書や申請書等の文書で、5月1日以降の日付で「平成」と表示しているものは、新元号に読み替えて有効なものとして取り扱うこととします。

旧元号による表示の効力

すでに交付されている契約書・許可書等の文書で5月1日以降の日付を旧元号「平成」により表記されているものは、改元後も有効なものとして取り扱うこととし、新元号の応当日に読み替えていただくようお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 総務課 行政管理係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-757-9913
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら