冬も安心峠道(とうげみち)

更新日:平成28年2月15日

とうげ道は標高(ひょうこう)が高いため、市街地(しがいち)の道路にくらべて雪がおおく降り、路面(ろめん)が凍(こお)ることもあります。斜面(しゃめん)のすぐそばを車が走るため、なだれにあう危険性もあります。雪国ではとうげ道を安心して通れるように、さまざまな工夫がされています。

なだれ予防柵(よぼうさく)・なだれ防護柵(ぼうごさく)

なだれ防止柵の画像

なだれ予防柵

なだれ防護柵の画像

なだれ防護柵

なだれを防ぐための柵は、コンクリートの土台と太くてがんじょうな鉄骨(てっこつ)でできています。斜面でおきたなだれが、道路に流れ込まないように、道路の上の斜面につくられています。

あらかじめなだれがおきそうな斜面に設置(せっち)して、なだれがおきるのを防ぐ「なだれ予防柵」と、発生したなだれを道路の手前でくいとめる「なだれ防護柵」があります。大きさはさまざまです。

また、なだれを防ぐための柵は峠道だけではなく、住宅地の上の斜面や、山あいを通る線路のまわりにも設置されています。

スノーシェッド

スノーシェッド外観の画像

スノーシェッドの中の様子の画像

スノーシェッドは、鉄骨(てっこつ)やコンクリートでつくられているがんじょうなトンネルのようなものです。雪崩(なだれ)がおきそうな場所につくられています。

雪崩がおきても、雪はスノーシェッドの上を通って、がけの下に落ちていきます。このため、スノーシェッドの中を通る自動車が雪崩にまきこまれることはありません。

斜面(しゃめん)を階段(かいだん)みたいにけずる「階段工法(かいだんこうほう)」

階段工法

階段工法は雪崩(なだれ)がおきるのをふせぐための工事の方法です。斜面を階段のような形にして、斜面から雪がすべり落ちるのをふせぎます。