住民税非課税世帯等への臨時特別給付金及び灯油購入費等助成事業

更新日:2022年04月22日

新型コロナウイルス感染症や原油高騰による影響を受けている住民税非課税世帯などに対し、臨時特別給付金および灯油購入費助成金を支給します。

臨時特別給付金のご案内チラシ(PDFファイル:847.4KB)

支給額

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

1世帯あたり10万円

灯油購入費等助成金

1世帯あたり5千円

(注意)令和4年3月25日までに手続き書類を受理した分は、合計10万5千円を支給します。これ以降の受理分は臨時特別給付金(10万円)のみの支給となります。

対象となる世帯

住民税非課税世帯

基準日(令和3年12月10日)において世帯全員の令和3年分住民税均等割が非課税の世帯
(注意)課税者に扶養されている人のみの世帯は除く

家計急変世帯

新型コロナウイルス感染症の影響により、令和3年1月以降の収入が減少し「住民税非課税相当」の収入となった世帯

【留意事項】

  • 住民税均等割が課税されている世帯員それぞれの1年間の収入見込額等が住民税均等割非課となる水準以下の世帯が対象です。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響によらない減収は、本給付金の対象外です。
  • 虚偽の申請をした場合は、不正受給として詐欺罪に問われることがあります。

非課税相当所得限度額の早見表

 

非課税相当所得限度額(給与収入の場合)

非課税相当所得限度額(給与収入の場合)
扶養している親族の状況 非課税相当収入限度額 非課税相当所得限度額
単身または扶養親族がいない場合 930,000円 380,000円
配偶者・扶養親族(計1名)を扶養 1,378,000円 828,000円
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養 1,680,000円 1,108,000円
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養 2,097,000円 1,388,000円
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養 2,497,000円 1,668,000円
障がい者・未成年・寡婦・ひとり親 2,043,999円 1,350,000円

例)配偶者と子1人を扶養しており、給与収入のみの場合
令和3年1月以降の任意の月の収入が(168万円÷12=)14万円以下であれば支給対象

手続方法

住民税非課税世帯

対象と思われる世帯には1月末に確認書を送付しています。内容を確認のうえ、同封の返信用封筒にて返送をお願いします。
(注意)同封文書に記載の期日を過ぎた場合は辞退したものとみなします。

以下に該当する世帯へは確認書が送付されていません
該当する場合は市に申し出をお願いします

  • DV(配偶者などによる暴力)からの避難のため住所を移さず十日町市内に居住している世帯。
  • 令和3年1月1日時点において課税者である配偶者に扶養されていた人で、その後、離婚により基準日時点で世帯員に課税者がいなくなった世帯。

家計急変世帯

対象と思われる世帯は、市に相談のうえ申請してください。

申請期限

令和4年9月30日
(注意)灯油購入費等助成金は令和4年3月25日受理分まで支給

提出書類

上記のほか、別途書類の提出をお願いすることがあります。

内閣府コールセンター(制度についての問合せ先)

フリーダイヤル番号:0120-526-145
受付時間:午前9時から午後8時(土日祝を除く)

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 福祉課 臨時特別給付金担当

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁1階)
直通電話番号:025-755-5217
ファックス番号:025-757-3800


メールでのお問い合わせはこちら