国宝・新潟県笹山遺跡土器三次元計測業務委託公募型プロポーザル

更新日:2021年08月05日

国宝・新潟県笹山遺跡土器三次元計測業務委託事業者の決定

国宝・新潟県笹山遺跡土器三次元計測業務を委託するにあたり公募し、実施要領に基づき書類審査を行った結果、下記の事業者に決定しました。

委託業者

凸版印刷株式会社(宮城県仙台市)

審査結果

審査結果
事業者 評価点(500点満点)
A社 244点
B社 286点
C社 368点

C社=凸版印刷株式会社

国宝・新潟県笹山遺跡土器三次元計測業務委託公募型プロポーザル

国宝・新潟県笹山遺跡土器三次元計測業務を委託する業者選定を公募型プロポーザル方式により実施します。

業務概要

  • 業務名 国宝・新潟県笹山遺跡土器三次元計測業務委託
  • 業務内容 仕様書のとおり
  • 委託期間 業務委託契約締結の日から令和4年3月11日(金曜日)まで

応募期限

  • 参加申込書等 令和3年7月21日(水曜日) 午後5時15分(必着)
  • 企画提案書 令和3年7月21日(水曜日) 午後5時15分(必着)

プロポーザルに関する質問については最下部を参照

受託候補者の特定

本業務の受託候補者を特定するため、本市職員で構成する審査会を設置し、審査基準に基づき、書類審査によって当業務に最も適した者を特定します。

応募方法

プロポーザルに関する質問と回答について

質問事項は本ページにて回答・公表します。また、回答の公表にあたり、質問者の氏名等は非公開とします。

  • 質問書提出期限 令和3年7月12日(月曜日) 正午(必着)
  • 質問書回答期限 令和3年7月13日(火曜日)

回答

国宝・新潟県笹山遺跡出土三次元計測業務委託公募型プロポーザルに寄せられた質問に対する回答を次のとおり公表します。

質問に対する回答
質問事項 回答
  • 計測漏れについて
鶏頭冠把手の内部など、形状が複雑な箇所は計測(三次元データ化)できない可能性がありますが、計測漏れはどの程度まで許容されますか。
鶏頭冠突起など立体的で複雑な形状の装飾突起の内部については、計測できない部分が存在することを想定しています。これをどの程度まで許容するのか、具体的な基準はありません。使用する機器の最大限対応可能な範囲内で計測を行い、極力、計測漏れがないようにしてください。突起内部のどこまで計測するかについては、計測時に判断します。
  • 三次元化の範囲について

土器をテーブルの上に置いた状態の三次元データ化で良いでしょうか。それとも土器の底面などを含めた全方位の三次元データ化が必要でしょうか。

基本的に全方位からの三次元計測が必要ですが、総高もしくは最大径が概ね40センチメートルを超える大型品については、土器底面の計測ができません。深鉢形土器のNo.1、2、9、14、21、24、28~30、43、45、46、54~56、浅鉢形土器のNo.4、5の計17点が該当します。これ以外の指定品については、器形によりますが、土器を寝かせるなどして底面の計測が可能かどうか、計測時に判断します。

 

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 文化スポーツ部 博物館 業務係

所在地:〒948-0072 新潟県十日町市西本町1丁目448番地9
直通電話番号:025-757-5531
ファックス番号:025-757-6998

メールでのお問い合わせはこちら