成人用肺炎球菌の予防接種

更新日:2022年04月01日

 成人用肺炎球菌ワクチン予防接種については、平成26年度から平成30年度までの5年間、経過措置として、当該年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳及び100歳となる方に対し、定期接種を実施していました。

 国は、この経過措置を延長し、引き続き平成31年度から5年間、当該年度に上記年齢となる方を定期接種の対象としました。

 なお、これまで同予防接種を受けたことのある方は対象者外となります。

成人用肺炎球菌(令和4年度)

 肺炎は、細菌やウイルスなどが体に入り込んで起こる肺の炎症です。症状としては、発熱、咳や痰、息苦しさや胸の痛みなどがあげられます。そのうち、肺炎球菌を原因とする肺炎が、全体の約3分の1とされています。

接種期間

令和4年4月1日から令和5年3月31日

(注意)接種期間を過ぎると、任意予防接種となるため、接種費用は全額自己負担(8,000円前後)となります。

接種回数

1回

対象者

  • 今までに23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を接種したことがない人
  • 下記の対象生年月日の人
予防接種対象者一覧
対象年齢 生年月日(令和3年度の対象者)
65歳 昭和32年4月2日から昭和33年4月1日生まれの人
70歳 昭和27年4月2日から昭和28年4月1日生まれの人
75歳 昭和22年4月2日から昭和23年4月1日生まれの人
80歳 昭和17年4月2日から昭和18年4月1日生まれの人
85歳 昭和12年4月2日から昭和13年4月1日生まれの人
90歳 昭和7年4月2日から昭和8年4月1日生まれの人
95歳 昭和2年4月2日から昭和3年4月1日生まれの人
100歳 大正11年4月2日から大正12年4月1日生まれの人

60歳以上65歳未満であって、心臓・腎臓・呼吸器の機能、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障がいを有する人(身体障害者手帳1級相当の人)

  • 肺炎球菌には約90種類の型があり、そのうち成人でも病気を起しやすい23種類の型の免疫を付けることができます。全ての肺炎を予防するものではありません。

対象者への通知

対象者には、予診票を6月末に送付する予定です。

通知が届いていても、23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を今までに一度でも自費又は公費により受けたことがある人は、定期予防接種(公費)の対象となりません。

接種料金

4,700円

  • この金額は市が接種費用を助成した後の自己負担額です。
  • 生活保護受給者は無料です。

接種方法

接種の際は以下のものを持参してください。

  • 予診票
  • 保険証

 接種を希望する人は、下記の医療機関に予約をして接種を受けてください。

 市外の医療機関など、下表に記載されていない医療機関で接種を希望される場合は、事前に健康づくり推進課までご連絡ください。(新潟県外の場合は、接種前に手続きが必要です。詳しくは下記リンク「新潟県外の医療機関で定期予防接種を受けられる方へ」のページをご確認ください。)

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 健康づくり推進課 母子保健係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁1階)
直通電話番号:025-757-9759
ファックス番号:025-757-3800

メールでのお問い合わせはこちら