10代および20代男性への交互接種対応

更新日:2021年12月17日

10代および20代の男性と保護者の方へのお知らせ

国は、10代・20代の男性では武田/モデルナ社ワクチンより、ファイザー社のワクチンの方が心筋炎などの発生頻度が低い傾向が見られたことから、すでに1回目に武田/モデルナ社ワクチンを接種した方も、2回目にファイザー社ワクチンを接種すること(交互接種)を可能としました。

11月9日追記
1回目にモデルナ社ワクチンを10月30日以前に接種した10代20代の男性で、2回目をファイザー社ワクチンで接種を希望される方は、こちらを確認の上十日町市ワクチン接種コールセンターより電話予約をお願いします。

十日町市ワクチン接種コールセンター

連絡先:0570−012−037

受付時間:午前9時から午後6時まで(祝日・日曜日を除く月曜日から土曜日)

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(厚生労働省)

新型コロナウイルスワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。心筋炎・心膜炎とは、それぞれ心臓の筋肉や心臓の膜に炎症を起こす病気です。特に10代・20代の男性の2回目の接種後4日程度の間に、多い傾向があります。

ワクチン接種後4日程度の間に、胸の痛み、動悸(どうき)、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチン接種を受けたことを伝えてください。

こうした症状は、心筋炎・心膜炎の典型的な症状です。ただし、そのほかの原因でもこれらの症状となることがあります。心筋炎・心膜炎と判断された場合は、一般的には入院が必要となりますが、多くは安静によって自然回復します。

今後、武田/モデルナ社ワクチンの接種を受ける予定の10代および20代の男性とその保護者の方は、厚生労働省が作成した以下のチラシなどをよくお読みのうえ、接種を受けるようにしてください。

交互接種に関する注意点

  • 武田/モデルナ社ワクチン接種後、27日以上経過している必要があります。
  • 1回目モデルナ社ワクチンを接種し、2回目ファイザー社ワクチンの使用可否は、予診医師の判断になります。
  • 交互接種対象者以外の方は、これまで通り同一のワクチンを接種することが原則となります。

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 健康づくり推進課 新型コロナウイルスワクチン接種対策係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地
直通電話番号:025-755-5320
ファックス番号:025-755-5362


メールでのお問い合わせはこちら