○十日町市高齢者生活支援ハウス条例施行規則

平成18年3月16日

規則第10号

十日町市高齢者生活支援ハウス条例施行規則(平成17年十日町市規則第102号)の全部を改正する。

(入居の申請)

第2条 十日町市高齢者生活支援ハウス(以下「生活支援ハウス」という。)に入居しようとする者(以下「申請者」という。)は、市長に対して、原則として入居しようとする日の1月前までに高齢者生活支援ハウス入居申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に高齢者生活支援ハウス入居誓約書(様式第2号。以下「誓約書」という。)及び収入申告書(様式第3号)を添えて申請しなければならない。

(入居の許可)

第3条 市長は、申請書により入居の必要性を審査し、その結果を踏まえ、速やかに入居の可否を決定し、当該申請者に対して高齢者生活支援ハウス入居(不)許可決定通知書(様式第4号)により通知するものとする。

2 入居許可決定の通知を受けた申請者は、特別な事由がない限り、通知のあった日から10日以内に入居しなければならない。

3 市長は、入居者を高齢者生活支援ハウス入居者台帳(様式第5号。以下「入居者台帳」という。)に登録するものとする。

(入居保証人)

第4条 第2条に規定する誓約書に記載する入居保証人の要件は、次のとおりとする。

(1) 年齢が満20歳以上であること。

(2) 申請者と同等以上の収入があること。

(入居許可者数)

第5条 条例第2条に規定する生活支援ハウスにおける入居定員の内訳は、単身者8人及び夫婦(事実上婚姻関係にあるものを含む。)1組とする。

(入居の許可の取消し)

第6条 条例第9条の規定により、入居の許可を取り消すときは、高齢者生活支援ハウス入居許可取消(兼退去)通知書(様式第6号)により、当該入居者に通知するものとする。

2 前項の通知を受けた者は、当該通知を受けた日から10日以内に生活支援ハウスを退去しなければならない。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、生活支援ハウスに関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にこの規則による改正前の十日町市高齢者生活支援ハウス条例施行規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

十日町市高齢者生活支援ハウス条例施行規則

平成18年3月16日 規則第10号

(平成18年4月1日施行)