高等職業訓練促進給付金等事業

更新日:2022年03月02日

母子家庭の母または父子家庭の父が安定した収入を期待できる資格を取得するため、養成機関で1年以上のカリキュラムを受講する場合に、受講期間中の生活の支援としての高等職業訓練促進給付金と受講修了後に高等職業訓練修了支援給付金を支給する制度です。

申請時期

高等職業訓練促進給付金

対象資格の養成機関に在学(在所)してからの申請になります。ただし、事前の相談が必要です。

高等職業訓練修了支援給付金

養成機関の修業を修了した日以降に修了完了届の提出と同時に申請となります。修了日から起算して30日以内が申請期限です。

対象者

母子家庭の母または父子家庭の父であって、次の要件にすべて該当する人

  1. 十日町市に住所を有していること
  2. 児童扶養手当を受給しているか、またはひとり親家庭等医療費助成の資格を有しているか、もしくは同様の所得水準にあること
  3. 養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれる人であること
  4. 就業または育児との両立が困難であると認められる人であること

対象資格

  1. 保健師・看護師・准看護師
  2. 介護福祉士・社会福祉士
  3. 理学療法士
  4. 作業療法士
  5. 栄養士・調理師・製菓衛生師
  6. 理容師・美容師
  7. 保育士
  8. シスコシステムズ認定資格
  9. LPG認定資格
  10. その他、上記に準じ市長が地域の実情に応じて対象とする資格

支給期間

上限を4年として、修業する全期間が対象となります。

交付額

高等職業訓練促進給付金

非課税世帯:100,000円(月額)

課税世帯 :70,500円(月額)

(注意)修業期間の最後の1年間は以下のとおり。
非課税世帯:140,000円(月額)
課税世帯 :110,500円(月額)

高等職業訓練修了支援給付金

非課税世帯:50,000円

課税世帯:25,000円

申請に必要なもの

  1. 入校(入所)証明書など
    申請時に修業している養成機関の長が証明する、在籍を証明する書類
  2. 児童扶養手当証書またはひとり親家庭等医療費受給者証
  3. 上記2以外の人は、母または父および児童の戸籍謄本・所得課税証明書(省略できる場合あり)

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 子育て支援課 子育て支援係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地
直通電話番号:025-757-3719
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら