十日町で子育て・教育

自然と現代アートが融合する魅力あふれるまちで子育て

十日町市は自然にあふれ、ゆったりとした時間の中で子育てができるまちです。夏は信濃川でのラフティング、冬はスキーなど季節ごとに自然を満喫したレジャーを楽しめます。また、市内には親子連れで楽しめる施設や、気軽に行ける公園もたくさんあります。

激しい信濃川の流れを2隻のボートがラフティングしている様子

信濃川のラフティング

雪だるまを笑顔で囲む5人の子どもたち

冬の雪遊び

安心して子どもを産み育てられるまち

安心して子どもを産み育てられるよう、市ではさまざまな経済的支援やサービスを行っています。また、市内には子育て相談の場となる「子育て支援センター」や、季節や天候を問わず親子で楽しむことができる「十日町市児童センターめごらんど」などの施設も充実しており、地域全体で子どもと子育て家庭を支え、子育てを応援できる環境づくりに取り組んでいます。

芝生の上を走り回る大勢の子どもたち

めごらんどのしばふ広場

めごらんど施設内にてすべり台で遊ぶこども

屋内でもたくさん遊べます

十日町市ならではの特色ある教育

学校運営に地域の声を積極的に生かし、地域と一体となって取り組む「特色ある学校づくり」を行っています。地域固有の歴史文化や産業を学ぶ学習、「大地の芸術祭」などを教材として活用した英語教育、地元の食材を学校給食に使用する食育の推進など、十日町ならではの魅力を学ぶ教育活動に取り組んでいますので、その一部をご紹介します。

笹山じょうもん市にて子供たちが円になっ両手をあげて踊っている様子

地域活動に学校も積極的に参加しています
(笹山じょうもん市 中条小学校)

バケツに入ったサケの稚魚を川の浅瀬に放流する子どもたち

「ふるさと環境学習」を実施

雪原の上でクロスカントリーの授業を受けてる中学生

雪国ならではのクロスカントリーの授業

雪原のコースをクロスカントリースキーで滑っている中学生

クロスカントリースキーの取り組みを柱とした心身の育成に取り組んでいます。

ステージの上法被を着て地域に伝わる民謡「新保広大寺節」を踊る子どもたち

民謡を教育活動に取り入れ、文化伝承とふるさとを慈しむ心を育てる授業にも取り組んでいます。

手鏡を持ち、口を大きく開けて、自分の歯や口の健康状態を確認している女児

健康づくり推進授業にも積極的に取り組んでいます。

「歯と口の健康づくり推進授業」(松代小学校)

教室で、先生の質問に対して挙手をする大勢の生徒たち

まつのやま学園では、小中一環したカリキュラムによる義務教育9年間を見通した計画的指導を実施しています。

湖の上でカヌーに乗り、笑顔でオールを漕いでいる子どもたち

まつのやま学園「アウトドア部」では、恵まれた自然を生かし、様々な屋外活動に挑戦しています。

 

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画政策課 移住協働推進係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-755-5137
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら