子宮頸がん予防ワクチン接種

更新日:2022年04月01日

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がんの主な原因は、ヒトパピローマウイルスの感染といわれています。子宮頸がん予防ワクチンは、このウイルスの感染を予防することで、子宮頸がんなどの発症を予防するワクチンです。

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)は、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等が接種後に見られたことから、平成25(2013)年6月から積極的な接種勧奨の差し控えを行っていました。

このたび、厚生労働省から、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回るとされたことから、積極的勧奨を再開するとの通知がありました。

接種を希望する場合は、ワクチンの有効性と接種によるリスクを十分に理解したうえで接種してください。

対象者

  1.  定期予防接種対象者(小学校6年生~高校1年生相当の女子)
    今年度は中学校1年生及び高校1年生相当の女子に、令和4年4月頃案内を送付します。その他の定期予防接種対象者へは来年度以降順次案内を送付する予定です。案内が届く前でも定期予防接種対象の方で接種を希望される方は接種が可能です。下記までお問い合わせください。
     
  2.  キャッチアップ接種対象者(積極的接種勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した方)
    対象:平成9年度生まれ~平成17年度生まれの女性
    期間:令和4年4月から令和7年3月まで
    従来の定期接種の対象年齢を超えて接種(無料)
    詳しくは以下をご覧ください。

接種費用

無料(十日町市が負担)

接種回数と間隔

ワクチンは2種類あり、同じ種類のワクチンを3回受けます。接種方法は筋肉内注射で、接種間隔はワクチンの種類によって異なります。取り扱いのワクチンなどについては、直接医療機関にお問い合わせください。

子宮頸がん予防ワクチンについて
ワクチンの種類 回数 間隔
サーバリックス(2価) 3回

1回目接種から1か月後に2回目、1回目接種から6か月後に3回目

ガーダシル(4価) 3回 1回目接種から2か月後に2回目、1回目接種から6か月後に3回目

※シルガード9(9価)ワクチンは定期接種対象外です。接種を希望する場合には自費となります。

※新型コロナワクチンを接種する場合は、前後2週間は他のワクチンを接種することができません。

接種方法

 接種を希望する人は、下記の医療機関に予約をして接種を受けてください。
 接種の際は保護者が同行してください。接種の際に持参するものは以下のとおりです。

  • 母子健康手帳
  • 予診票
  • 保険証

接種後血管迷走神経反射として失神が現れることがあるので、失神による転倒等を防止するため注射後の移動の際には腕を持つなどして付き添うようにしてください。

県外の医療機関で接種を希望される場合は、事前に健康づくり推進課までご連絡ください。

任意接種(自費)で令和4年3月末までに接種をされた方へ

平成9年4月2日から平成17年4月1日生まれの女性のうち、定期接種の対象年齢を過ぎて、令和4年3月31日までにHPVワクチンの任意接種を自費で受けた場合に、接種費用等の助成(償還払い)を実施します。対象者や申請の方法は、以下をご確認ください。

参考

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 健康づくり推進課 母子保健係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁1階)
直通電話番号:025-757-9759
ファックス番号:025-757-3800

メールでのお問い合わせはこちら