ふるさと回帰支援事業補助金

更新日:2021年04月08日

新潟県十日町市「ふるさと回帰支援事業補助金」について

新潟県十日町市では、新型コロナウイルスの感染拡大の状況下で故郷を遠く離れて暮らす方や、都市部と比較して人口が密集していない安全・安心な暮らしの場を求める皆様を対象に、UIターン補助金制度を設けています。
「ふるさと回帰支援事業補助金」は、2020年4月1日から2022年2月28日の間に十日町市に転入し、一定条件を満たす方へ補助金を交付する支援制度です。
新潟県十日町市へUIターン(移住)をする方におかれましては、是非ご活用ください。

補助金の対象になる人

以下の要件すべてを満たす人が対象になります。

  • 十日町市に転入する前に、市外に1年以上居住していた
  • 2020年4月1日から2022円2月28日の間に十日町市に転入した
  • 申請者の転入時点の年齢が60歳以下
  • 補助金の交付を受けた後、5年以上十日町市に住み続ける
  • 補助金申請の時点で就業をしている
  • 世帯員に公務員がいない

補助金の種類

補助金の額その1【UIターン助成および持家・実家暮らし加算】

単身でのUIターン(転入)の場合に15万円、世帯でのUIターン(転入)の場合に30万円を交付します。
さらに、十日町市に転入後、実家又は持家で暮らす場合は、単身でのUIターン者に15万円、世帯でのUIターン者に30万円を加算します。

UIターン助成に関する補助金の詳細
  単身 世帯 婚姻後世帯
実家・持家で暮らす人 30万円 60万円 60万円
賃貸物件等で暮らす人 15万円 30万円 30万円
  • (注意)「世帯」とは、夫婦を中心とする世帯(夫婦のみ・夫婦と子供・夫婦とその親など)又はひとり親世帯のことを言います。
  • (注意)「婚姻後定住世帯」とは、本市に居住している女性と、本市外に1年以上居住していた男性が婚姻し、婚姻後に本市に定住する世帯のことを言います。
  • (注意)「実家で暮らす」とは、2親等以内の親族が所有する住居で親族と同居することを言います。
  • (注意)「持家で暮らす」とは、自身が所有する住居に居住することを言います。

補助金の額その2【定住助成加算】

その1のいずれかに該当する方で、申請時において以下の条件に当てはまる場合は、さらに補助金額を加算します。

定住支援加算の早見表
加算メニュー 条件 加算金額
若者世帯加算 夫婦の合計年齢が80歳以下 10万円
子育て支援加算 市内に在住する18歳以下の扶養親族が2人以上 10万円
三世代同居加算 住民票上において、申請者を含む三世代で同居 10万円

十日町市UIターン補助金制度共通 補助金加算メニュー1 【テレワーク助成】

自然を眺めながら仕事ができる施設の画像

十日町市に転入後、市外企業に在籍をしてテレワークをする場合や、フリーランス等としてテレワークをする場合に、テレワーク設備準備のための補助金を交付します。

テレワーク助成に関する補助金の詳細
  内容 補助金の額
テレワーク設備準備

テレワーク設備準備のために要した経費を最大20万円助成します。

対象となる経費の例

  1. パソコン・スマートフォン・タブレット・無線ルーター等の通信機器及び通信環境整備のための機器の購入費用
  2. インターネット回線接続・各種機器の設定に関する工事費用
  3. テレワークを行うための家具・事務用品等の購入費用
最大20万円(該当する転入世帯員1名あたり)

十日町市UIターン補助金制度共通 補助金加算メニュー2【通勤助成】

十日町駅の写真

十日町市に転入するにあたって、通勤用に運転免許を取得する場合や鉄道・バスの定期券を購入して通勤する場合に、補助金を交付します。

通勤助成に関する補助金の詳細
  内容 補助金額
運転免許の取得 主として通勤用として使用する、運転免許の取得に要した経費を助成します。 上限10万円
鉄道・バス定期券の取得 通勤用鉄道及びバスの定期代(6か月以上分)の購入にかかる経費を助成します。 上限10万円
  • (注意)通勤助成は1世帯当たり1名までの交付となります。
  • (注意)「運転免許の取得」と「鉄道・バス定期券の取得」のいずれかの交付となります。

十日町市UIターン補助金制度共通 補助金加算メニュー3【住宅等取得助成】

田園風景の写真

十日町市に転入するにあたって、住宅や住宅用地(十日町市内の土地)の取得をした場合、下記に掲げる区分に応じて補助金の申請ができます。

住宅等取得助成に関する補助金の詳細
  補助金の額(上限)
新築住宅の取得
(十日町市内業者の施工)
最大60万円(取得経費の10%)
新築住宅の取得
(十日町市外業者の施工)
最大40万円(取得経費の10%)
中古住宅の取得(改修を含む) 最大20万円(取得経費の10%)
住宅用地の取得 最大100万円(取得経費の10%)

十日町市UIターン補助金制度共通 補助金加算メニュー4【住宅改修助成】

雪が降っている住宅街の写真

十日町市に転入するにあたって、住宅を改修(リフォーム)をした場合、下記に掲げる区分に応じて補助金の申請ができます。

 

住宅改修助成の補助金区分
区分 補助金の額(上限)
中古住宅改修(取得を含む) 最大20万円(改修経費の10%以内)
実家のリフォーム 最大10万円(改修経費の20%以内)

補助金の申請期限

補助金の申請期間:転入(婚姻)後1年以内
注意:転入をした日から申請が可能です。

注意:補助金は予算の範囲内で交付するものです。予算が上限に達した時点で、当年度の申請受付を終了することがありますのでご了承ください。

申請の流れ

  1. 資料請求・お問合せ
  2. 申請書類の提出
  3. 書類審査
  4. 補助⾦交付の決定
  5. 請求書の提出
  6. 補助⾦の振込

提出書類

(注釈)は十日町市役所から申請者様へお渡しする書式です。それ以外は申請者様でご準備いただく書類となります。申請書類のご請求は、十日町市企画政策課へお電話またはお問合せフォームページよりお願いいたします。

必須書類

  1. 交付申請書
  2. 定住確約書
  3. 世帯員全員の住民票の写し
  4. 戸籍附票謄本の写し(異動履歴が記載されているもの)
  5. 納税証明書
  6. 勤務証明書(個人事業主または農業従事者は別の証明書を提出していただきます。詳細はお問い合わせください。)
  7. 十日町市UIターンアンケート

実家・持家暮らし加算

  1. 持家・実家暮らし申告書

定住助成加算

  1. 子どもの健康保険証等(子育て支援加算に該当する場合のみ)

住宅助成(新築住宅取得)提出書類

  1. 住宅等取得申告書
  2. 新築住宅の建設又は購入に係る契約書の写し
  3. 取得に要した経費の支払いが証明できる書類

住宅助成(中古住宅取得)提出書類

  1. 住宅等取得申告書
  2. 中古住宅の購入に係る契約書の写し
  3. 取得に要した経費の支払いが証明できる書類

住宅助成(住宅用地取得)提出書類

  1. 住宅等取得申告書
  2. 住宅用地の購入に係る契約書の写し
  3. 取得に要した経費の支払いが証明できる書類

通勤助成(運転免許)提出書類

  1. 通勤経費支出申告書
  2. 運転免許証の写し
  3. 運転免許取得に要した経費の支払いが証明できる書類

通勤助成(定期券)提出書類

  1. 通勤経費支出申告書
  2. 定期券の写し又は定期券代の支払いが証明できる書類

テレワーク助成提出書類

  1. テレワーク実施申告書兼証明書
  2. テレワーク設備準備経費の支払いが証明できる書類

ご案内

十日町市では「ふるさと回帰UIターン補助金」以外にも、UIターン者への補助金制度を設けています。「ふるさと回帰UIターン補助金」に該当しないUIターン者については、下記の補助金制度が該当する場合がありますので、各補助金制度のウェブページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画政策課 移住協働推進係

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁2階)
直通電話番号:025-755-5137
ファックス番号:025-752-4635

メールでのお問い合わせはこちら