自然災害に便乗した悪質商法にご注意を!

更新日:令和元年11月7日

台風や大雨、大雪などの災害時には、それに便乗した悪質商法が多数発生します。
全国的にトラブル相談は増え続けており、2018年の相談件数は10年前の20倍以上にのぼりました。(全国の消費生活センターに寄せられた相談件数)

 

ご用心 災害に便乗した悪質商法(国民生活センターホームページ)

「保険金が使える」という住宅修理サービスなどのトラブルにご注意!(PDF:1.4MB)

トラブル例1:自己負担ゼロを強調

「火災保険を利用すれば自己負担なしで修理できる。保険申請も代行する」と修理サービス業者に勧誘され、契約した。しかし支払われた保険金は修理代金よりも少なく、足りない分は自分で払えと請求された。

トラブル例2:高額な手数料の請求

保険金請求の手伝いをしているという業者から訪問を受けた。「雪による被害には保険金を請求できる」と言われ、保険金請求サポートの契約をした。後日保険金が支払われたが、業者から保険金の40パーセントを報酬として請求された。

まずは確認、そして相談を!

自然災害による住宅の損害については多くの場合、加入している住まいの保険(火災保険、地震保険等)で補償されます。しかし、保険契約の内容により払われる金額、補償対象などは違います。また、保険金の請求は自分で行うこともできます。まずは加入先の保険会社に確認しましょう。

住宅修理に関するトラブルのほか、不審な人物が訪問して被災者への寄付を求めてきた、などの相談事例もあります。
不審な電話や訪問を受け不安なときは、市消費生活センターへ相談してください。

 十日町市消費生活センター:025-757-3740(受付時間 平日9時~16時)
                                     

この記事に関するお問い合わせ先
十日町市消費生活センター(市民生活課内)

所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁1階)
消費生活相談ダイヤル:025-757-3740
ファックス番号:025-752-6924

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。